結納について

結納の意味は何か

皆さんは結納という言葉を何度も聞いたことがあるかもしれませんが実際そのことを行なっているのは少ないのかもしれません。
何故ならば昔、婚礼の儀式に関して必ず結納を行なっていたのですが現在の人たちはその儀式を行なっていない人が多いのです。
その時代とともに伝統も廃れているため今ではその行為を知っている人はほぼいないのかもしれません。
結納とはわかりやすく言えば婚礼の前に、婚約相手の方とそのご両親の顔合わせをすることであり、婚約から次のステップの段階に踏んでしっかりと相手に嫁げられるような体裁を整えることを指しているのです。
さらに結納式はかなり形式張った服を着て相手の家に挨拶しに行かなければならないので、しっかりとした挨拶など、堅苦しい空間の中での会場になっています。

結納式はどんなもの

ここで結納式について、どんな服装なのか、どんなものが用意されているのか知っていますか。
単なる顔合わせではなく、両親に対して婚約記念のお披露目をするものなのであり、その内容はかなりしっかりしたものだらけなのです。
中には豪華な食事、美しい着物や五つ紋羽織や袴を着て食事をしているのです。
このような光景は今の時代ではなかなかお目にかからなくなっているかもしれません。
両家の方も相手に合わせてどんな服で参加したらいいのかを話し合うこともあり、正礼服、準礼服、略礼服でいいのかと悩んでしまうこともたくさんあるようです。
このような厳かな雰囲気で行われるため、両親からはきちんとした式を挙げてくれるという信頼感が強く、安心して見守ってくれることは間違いないでしょう。


この記事をシェアする