言葉の違いを間違える

婚約の意味とは

婚約というのは漢字の意味で表しているように婚礼の儀を約束するという事であり、まだ正式にどちらかが籍を置いているわけではありません。
そのため、婚約というのは法律に関して全く関係のない、口約束みたいなものだと思ってください。
将来結婚を誓い合うという口約束で最終的に結婚することが一般的であり、結婚するまでのお付き合いをする期間でもあります。
しかし口約束で婚約を申し込もうとするとなかなかそれを守れるかどうかは不安になるかもしれませんので第三者の人をそばに置いて婚約することが一般的なのです。
こちらの方がかなり約束での重みがしっかりと感じられるかもしれません。
また他にも婚約するためにも様々なマナーがしっかりと日本にはあるのでその内容を次の記事にて確認してみてください。

婚約の手順

まず婚約をするというのであればそれは約束事なのですが、そんな簡単な約束事ではありません。
何故ならば、相手の家族の大切な人をいただくというようなことなので、それは決して約束を破ってはいけないようなことなのです。
その約束をしっかりと守るのはもちろんですが、誓いを立てる相手は自分のこれから結婚する相手だけにではなく相手の周りにも誓いを立てなければなりません。
また誓いの証ということで婚約指輪を花嫁に贈らなければなりません、昔は給料三ヶ月分の指輪を贈るのが多かったのです。
また相手の家族にもしっかりと挨拶をしていき、結婚の承諾の話を前もって得ることが大事なのです。
こうすることでしっかりとした婚礼の儀を行えることができるのです。


この記事をシェアする